5 Japanese Tips To Stay Slim | KOSO Pre/Probiotic, 80% Full, Vegetables First, Eat Slow And NEAT

スリムを維持するための日本人の5つのヒント | KOSOプレ/プロバイオティクス、80%フル、野菜ファースト、ゆっくりときちんと食べる



この 80% 野菜ファースト、非運動活動による熱産生は誰もが知っています。[聞き取り不可]。

みなさん、こんにちは。今日はスリムを保つための日本人の5つのヒントを紹介します。なぜ日本人は常に世界で最も肥満が少なく、最も健康で長寿なのだろうか?何故ですか?興味があれば、続けて見てください。一番目はKoso、別名日本のコンブチャです。これは優れたプレバイオティクスプロバイオティクスです。何か問題が発生した場合などは、これを試してからトイレに行ってください。そのため、便秘などの悩みは全くありません。そして、私はこの種の製品を日本で知っていました。なぜなら、あなたが美容、健康、意識の高い人なら、誰もがこれを知っているからです。で、でもアメリカに来てからは見つかりませんでした。だから私は試しませんでした。でも最近、これがアメリカでも手に入るのでとても嬉しいことに気づきました。そして実際に、とても素晴らしいクーポンコードを入手しました。興味がある場合は、リンクではなく説明のリンクを確認してください。興味がある場合は、以下の説明のコードを確認してください。ただし、これには1年を加えて発酵させたもので、この中には100以上の成分が含まれています。ここ10年、20年、長い間、朝はあまり食べられません。それが私の性質です。理由がわからない。だから私は簡単です。断続的な断食や半日の断食は私にとって簡単です。それで、断食をするときは、これを使ってやります、そして、それは本当に良いです。ということで、もしあなたが断食半日断食などできるなら、ぜひ試してみてください。

ナンバー2。 10 分の 8、つまり 80%、つまり私が子供の頃、日本の子供たちはある種の食事の仕方を学びました。そして腹八分目で食べるように言われています。それが私たちの教育の一環です。100パーセント満腹で食べるのではなく、80パーセント満腹で食べることになっているのが、私たちが弁当を愛する理由です。お弁当の場合は、各区画の量を少なくして、一品、大量ではなく、より多く、より多くの種類を入手しようとしますが、少量ずつ入手するように努めます。しかし、より多様性があるからこそ、弁当が機能するのです。第三に、野菜が最初です。常に野菜が最初です。野菜がある場合は、毎食野菜を摂取するように努めるべきです。そして、もしそれがあるなら、野菜を最初に食べるように努めるべきです。なぜなら、野菜を最初に食べることで、インスリンスパイクのリスクを下げることができるからです。通常、野菜とタンパク質、炭水化物の 3 つ、3 つの項目が好きですよね?したがって、突然炭水化物を食べるとインスリンスパイクは体に良くありません。そうすると、さらに体重が増えてしまいます。

皮膚は糖化を引き起こします。だからダメなんです。ですから、日本では私たちも最初に野菜を食べなさいと言われます。野菜から良質な繊維をたくさん摂っていれば、野菜を食べた後、後で炭水化物を食べるときに、繊維が炭水化物を吸収するのを減らすことができますよね?そのため、インスリンのスパイクが制限または低下します。ちなみに私は酵素をドレッシングとして使うことがありますが、少し甘くて生野菜などの野菜にとてもよく合います。その4、ゆっくり食べること。私の他のビデオをまだ見ていない方のために、食事の仕方、食事のために顔の筋肉を正しく動かす方法についてお話しました。これに従うと、頬の筋肉を下げる代わりに頬の筋肉をより多く使用することになり、すぐに食べることができなくなります。これは、体重を減らしたい場合に非常に役立ちます。それだけではなく、ええと、箸、日本人は箸を使います。もし持っているなら、箸を使って何かを食べると、大きなものを手に入れるのはちょっと簡単ではありません。一つ一つが小さいので時間がかかります。そして、ゆっくり食べるのに適しています。なぜなら、急いで食べると、脳が満腹であることを知らせる時間があまりなく、食べ、食べ、食べ続けてしまうからです。そして数時間後、ああ、もうお腹いっぱいです。それは良いことではありません。じゃあ、もっと食べたら、120%ですね、日本人は80%腹いっぱい食べたんですよ。ということで、これも本当に助かります。そして、アメリカに来てから今でも、会話はしているものの、食事をするときは必ず英語で生活していることに気づきました。それは言わなければいけないことなので、言わなくてもいいと言いますが、それはボナペティのようなもので、マフィンのようなものです。私たちは食べ物に感謝しています。食べ物をありがとう。食べ物を楽しみます、そのようなものです。それで座って、いただきます帽子が少しスピードを落とします。それから、分かった、ソファに座ってテレビを見ながら、突然食べて、食べて、食べて、きちんとした運動、活動、熱産生をする代わりに、今から食事をするつもりです。 、思っている以上に動いてみるべきです。その必要はありません。必ずしもジムに行く必要はありません。つまり、ジムはもう閉鎖されています。

実は今日から私のジムがオープンします。それは知りませんでした。忘れた。とにかく、何かを拾ったり、拾ったり、郵便物を受け取ったり、二階を歩いたりするなど、常に動き続けると、机やソファに長時間座っているだけでなく、常に立って歩き回ることになります。運動よりも良いです。運動するのは良いことですが、NEATとはこういう概念です。したがって、行使されていないのです。だからこそ、私は運動以外の活動による熱産生をニートにしているのです。いくつかの研究では、NEATはジムに行くよりも効果的であると述べています。なぜなら、ジムに行けばトレーニングをするからです。しかし、トレーニング後は疲れたり、動きが鈍くなったりすることがあります。しかし、その代わりに、そのようなことが起こった場合、必ずしもジムに行く必要はないかもしれません。つまり、良いジムは現在閉鎖されています。そのため、多くのジムが閉鎖されています。そして、日常生活の中で動き回ることができます。私が以前住んでいた東京ではその方が減量には効果的かもしれません。あるよ。つまり、車を持っていませんでした。ここでは多くの人が電車、地下鉄、地下鉄、バスを利用しており、非常に多くの公共交通機関が利用できます。だから私たちはたくさん歩きます。バスに乗ってもバス停までは歩かなければなりません。そしてバス停から目的地へ。あなたは歩いて、歩いて、歩いて、歩いて、歩いて、たくさん歩きます。それで、時々、ええと、私は日本に帰るたびに公共交通機関をたくさん利用してとても疲れますが、それは運動、運動以外のきちんとした活動、熱生成を行うには非常に良い方法です。実は今夜はウォーキングのクラスを受けて、皆さんのために撮影をするんです。したがって、通常の散歩だけでなく、お尻を持ち上げたり、体重を減らしたり、背を高く見せたり、背を高くしたりするための適切な歩き方に興味があるのなら。チェックアウトしてください。

どうもありがとう。
ブログに戻る