How to drink/swallow correctly by using the tongue muscle fully

舌の筋肉をフルに使った正しい飲み方・飲み方

おそらく、お酒の飲み方なんて考えたこともないし、無意識にやっていることでしょう。あなたはそれについて考えていません。ただやるだけです。右?毎日何度も飲んだり飲み込んだりしていますが、これまでの人生でどのように飲むかを考えたことがない場合は、間違った飲み方をしているか、少なくとも顔の老化症状を悪化させる可能性のある飲み方をしている可能性があります。私がより良い飲み込み方をマスターすることが重要だと言う理由は、それが舌に関わるからです。私が舌にこだわっていることはご存知でしょう。 (鳴き声 101 ) 鳴くのが難しい主な理由の 1 つは、水を飲むなどの日常の顔面活動で舌を十分に使用していないため、舌が弱すぎることです。

つまり、嚥下などの日常的な顔の機能で舌をより良く使うと、舌の筋肉が十分に鍛えられることになります。

正しい飲み方・飲み方

ステップ 1: 体の姿勢

目の前に飲み物があります。私たちは肩をかがめてアイテムに到達するために頭を前に動かす傾向があります。あごの緊張を引き起こし、首の姿勢を悪くしている可能性もあります。

その代わりに、姿勢を楽に保つために飲み物を持ち歩きたいと考えています。頭をお尻より高い位置に置くと、飲み物を飲みに行くのではなく、飲み物が自分のところに来ます。

ステップ 2: 上唇

あごや下唇に緊張を与えすぎてはいけない理由は、筋肉が過剰に働いているためです。 ( 解剖学的に赤く表示されています) 顔の下の筋肉は顔のたるみのために下に移動する傾向があるため、お酒を飲むたびに口が悪い習慣を続けていると、悪化します。アプリで唇のエクササイズを行うことで、上唇と人中部分をトレーニングできます。たるんだ頬、ブルドック顔、不定形な顎のライン、顎などを持ちたくない人は、ぜひチェックしてください。アヒルリップのエクササイズを行った後は、上唇だけで飲み物を飲むようにしてください。ただし、飲むときには唇の筋肉 (口輪筋) 全体が必要になります。ただし、唇の筋肉はドーナツリングのようなものであるため、このステップ 2 は上級です。上唇と下唇はつながっていますが、下唇は使わずに上唇だけを多めに使ってみてくださいと言っているのです。年齢とともに人中は青い寝筋なので長くなります。そして上唇も薄くなり、後ろに引っ込んでしまいます。そのため、飲み込むたびに上唇の筋肉を活性化する必要があります。そうすれば、ふっくらとした美しい唇を保つことができます。

ちなみに、水筒をよく使う人は使い方を見直してみるといいかもしれません。水筒は、水を飲むために下唇を強制的に動かす傾向があります。だから私は、下唇をあまり使わなくても済むように、大きなカップで何かを飲むことを好みます。

ステップ 3: 鳴くツバメ

これが最も重要なことです。

まず、ミューイング舌の姿勢®が何なのかわからない方は、ミューイング101のビデオをご覧ください。

鳴くツバメ #1:

口を開けて。

鳴くツバメ #2:

液体が口の中に入るときは、舌の先端を上の歯の前の口蓋に置く必要があります。舌の先端はその場にあるはずです。スポットとは上の歯のすぐ後ろという意味です。先端をその場に少し保持してください。

鳴くツバメ #3:

舌を口蓋に当てて液体を飲み込み、水を喉まで動かします。

水がある場合は、3つのステップを試してください。飲み物がない場合は、唾液を試すこともできます。唾液は飲み物に比べて量が少ないので楽です。飲むのが難しい場合は、唾液から始めてください。唾液が出やすい場合は、水の量を唾液と同じくらいにしてみてください。その後、金額を増やします。ちなみに、このミューイングツバメは食べ物にも当てはまります。何を飲み込む場合でも、この3ステップを意識すると舌の筋肉がより活性化して伸びるので、鳴き続けやすくなります。

警告:

飲み込むときは首や肩を動かさないようにしてください。舌が動いている場合は、舌ではなく間違った筋肉を使っていることを意味します。

舌以外の筋肉を使わないように運動する

レベル1:

  1. 唾液を多めに作って飲み込むのを待ちます。
  2. 親指を立てて、上下の歯の間を軽く噛みます。
  3. 軽く微笑むと頬が活性化されます。
  4. 舌を上に上げて口蓋の上に平らに置きます。
  5. 口を開けたまま鳴く姿勢で唾を飲み込みます。

一般に、これが難しい場合は、舌を十分に使用せず、飲み込むために他の筋肉を使用していることを意味します。

レベル2:

この親指を噛まずに飲み込むことが簡単にできれば、舌の筋肉を十分に使っていることになり、非常に良いことになります。唾液の代わりに飲み物で試してみてもいいでしょう。液体が多ければ多いほど、硬くなります。

レベル3:

口を開けたまま、指を使わずに同じことを行います。嚥下は誰でも毎日何度も行う顔の機能であるため、より良い方法を習得することが重要です。

ブログに戻る