How To Find Which Eye Is Your Dominant Or Non-Dominant | Why You Should Know For Symmetrical Eyes

自分の利き目と非利き目を調べる方法 |左右対称の目について知っておくべき理由



皆さんこんにちは、今日は自分の利き目とそうでない目を見分ける方法を紹介します。

私たちの手と同じように、私たちにも利き目とそうでない目があり、美に関心がある場合は、利き目は私の側の右目にあることが多いため、どちらであるかを知ることが重要です。右利きの人は右手が利き手ですが、それは常に当てはまることです。だから後で調べますが、その前に、なぜそれを知ることが重要なのかについて話したいと思います。なぜなら、多くの場合、この目は一般的に利き手だからです。こちらの目は働きすぎていて、こちらの目はあまり働いていないので、何が起こったのかというと、こちら側に緊張がさらに蓄積されて、しわが増えます。たとえば、この小さな目です。こちらのほうが優勢なので、こちらのしわよりもこちらのほうがしわが多いです。それとそれは別のことです。血液循環のためにとても疲れているので、クマや目袋が増える可能性があります。または、フード状の目や眉毛のたるみなどの悪いもの、または実際には私の場合は少し上がっています、それは人や顔の表情によって異なります習慣ですが、多くのアンチエイジング、いやいや、老化の症状、そしてそれは測定的な目の状況は、同じ目、つまり利き目を何度も使い続けるために起こります。

したがって、どちらが利き目で、どちらがそうでないかがわかっていれば、利き目ではない目を治療するよりも利き目を治療するようにすると、より対称的な目になり、老化の症状が軽減されます。

それで、どれがどれであるかを調べましょう、それで、まずこのように指を使って角度を作り、何かを見つけてください、非常に遠い距離にあるある種の物体を見つけてください、そう、それを見つけてください、そうしたら、その距離はこのように円の中にあります。何か入ってるからこうやって見て、こうやって両手を交差させてゆっくりゆっくり円を小さくして今は両目開いてこうやって見上げて、それから実は右目を閉じてるんですごめんなさい、左を閉じてください。最初に左目を開けてから、利き目である右目だけを開けて物体を見て、それから反対側にいます。右目を閉じると、物体が消えます。私の場合は、左側を見ているので、左目は利き目ではなく、右目と同様に利き目なので、重要なのは、アイテムが変わらない場合、遠くの位置はまだ円の内側にあり、その後、目が同じ位置を見るのは右利きだから、左目を閉じて右目だけを使っていて同じ位置のままで、それが利き目ですか?

それで、今、私が知りたいのは、どちらがあなたの利き目ではなかったのか、下のコメントセクションではなく、下の説明にコメントしてください。知りたいのですが、一般的に、あなたが右利きである場合はそう言われています右手が利き手かもしれないけど、いつもそうとは限らないので、どちらが利き手なのかがわかるので興味があるのですが、私の側は右側です。それでは、顔の指圧をするときに、目の周りにできる美容トリートメントは何ですか?利き目にもっと働きかけて、利き目ではない方が左右対称になるようにしてから、利き目右側の老化のプロセスを減らすか遅らせるように取り除きます。

次回の動画では、どのような治療法なのか、顔のどのようなエクササイズなのか、そしてストレスを軽減するためにできるテクニックや利き目の筋肉をほぐして、より対称的な目を手に入れる方法について説明するつもりですので、楽しみにしていてください。

この利き目のような話とは全く別に、お願いがあるのですが、来年は1月4日にLAロサンゼルスで顔ヨガのクラスを教えることになっており、下の説明にサインアップがあるのでそこにリンクを貼っておきます。それで、もしあなたのとても親切な人がいたら、私のクラスにサインアップしてください。なぜなら、それは無料です、無料登録、無料サインアップです、そして、このスケジュールウェブサイトで最も多くのサインアップをしているインストラクターは、より多くの最も大きな教室に移動して教えるためです。 1000人以上の人が参加するので、それを本当に達成したいと思っています。顔ヨガの素晴らしさを紹介できるので、とてもとてもエキサイティングです。あなたの助けが必要です。もしあなたがとても優しい人なら、私を助けてください。いつもご覧いただきありがとうございます。私のウェブサイト Koko face Yoga.com をチェックして、ヨガの紙、シュガー オイル、本などを無料でダウンロードしてください。ぜひチェックしてください。どうもありがとうございます!次のビデオでお会いしましょう。さよなら!
ブログに戻る