How To Move Facial Muscles Properly For Speaking | Look Beautiful And Good For Anti-Aging

話すために顔の筋肉を適切に動かす方法 |見た目も美しく、アンチエイジングにも効果的



この筋肉をリラックスさせて、これでストレッチしましょう。これは、前のエピソードで私が行ったものです。同じこと。同じものはありません。少し似ていますが、同じではありません。それで、あなたはこれが好きです。これができないと、それに触れることができません。大丈夫。ご存知のとおり、このようにすることができます。まさにその通りです。しかし、私はこれができるので、この方が効果的です。それで、この十字のことをしてから上を見てください、しかし私がただ上を向いているなら、私はここでトレーニングしており、ストレッチしています。ここではなく、ここでもっと内側でやりたいです。 45 度、少し上を向いて、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10 と伸ばします。この部分が伸びていると感じてから、元に戻します。

このエクササイズは 1 日に 3 ~ 5 回行うことができます。しかし、私のようにたるんで非対称な問題を抱えている場合は、たるんでいる部分を反対側よりも伸ばして、より対称的にします。この練習をしたと仮定して、これをやってみましょう、えー、こぶし、こぶしを作って、それからこうやって、こうやって、こうやって持って、上げてみましょう。そうやって、動かないように顎を押さえて握っているんです。できるだけ動かないようにします。そして、同じことをしてみましょう。この顔ヨガは、若々しい外観を取り戻すための素晴らしい自然な解決策であると言えます。私たちは顔の眠っている筋肉を目覚めさせ、皮膚を引き上げ、しわを軽減するために働きすぎた筋肉をリラックスさせます。これは、ボトックスや整形手術に代わる自然な代替手段とも言えます。ほら、もっと簡単ですか?これは簡単な修正ではありません。つまり、顔ヨガ全般において、簡単に解決できるものはありません。したがって、これには時間がかかります。でも、話すときに下の歯を見せてはいけないとつくづく思います。そして私はまだ、私はまだ示しています。だからもっと訓練が必要だ。しかし、最も重要なことはそれを認識することです。だって誰かと話しているときはこんなことできないですよね。それはとても奇妙だろう。ええと、あなたは話すときは話すので、あなたにはこれをする時間がありませんし、人前でこれを行うことはできません。だって変だよ。ですから、誰かと話すときは、この筋肉のことだけを真剣に考えて、この筋肉のことは忘れてください。この部分は死んでいます。まるで存在しないのです。考えないでください。そして、この領域を使用するだけです。

そうすれば、「ああ、私はいつも笑っているように見える」と思うかもしれません。だから私は奇妙に見えるでしょう。いやいやいやいやいや。変に見えないわけではない。だから心配しないでください。ええと、そうです。多くの人から同じ質問を受けます。笑顔で話していれば、いつも笑顔でいられます。それはとても奇妙です。そうではありません、あなたが思っているほど奇妙ではありません。だって、たくさんの人を見てきたから。私はそれを保証します、そしてあなたはそれらを前向きに調べます。それで大丈夫です。今は下の歯を見せないように意識して話しているんですけど、あまり変に見えないんです。右?私が少し小さな笑顔なのは、あなたがここではなくここからだけ小さな笑顔を作っているからです、この目は目ではなく、笑っておらず、頬もあまり動いて​​いないからです。ええと、そうです。だから、私は笑顔で話しているようには見えません。

単にポジティブに見えるだけではないと思います。右。それで大丈夫です。本当に大丈夫です。私を信じてください。どう考えているか教えてください。また、下の歯が見えないようにする方法について、何かご提案がございましたら、実験してみますのでお知らせください。いつものように、私のウェブサイト kokofaceyoga.com をチェックして、この最新のヨガ用紙と本を無料でダウンロードし、シュガー オイルやその他のフェイス製品を私たちのウェブサイト kokofaceyoga.com AI ココで入手できます。それで、何か質問があれば聞いてください。ロボットが答えられない場合は私が答えます。そのため、アプリ内で問題が発生した場合は、お気軽に、つまり、smile@kokofaceyoga.com まで電子メールを送信してください。私たちが提供する製品に満足していただきたいからです。ですから、遠慮せずにメールでご連絡ください。確実に修正いたします。どうもありがとう。

次のビデオでお会いしましょう。さよなら
ブログに戻る